Skip to content

熟女の芳醇なフェロモン臭が鼻腔に忍び込んでくる

Posted in クリトリス, and レイプ

オマンコをしてやるぞ

膣内粘膜が上下左右からペニスを締めつけ
あぁっ!ガクガク人妻はオマンコに黒電マを押し当てられて、リトリス絶頂に達してしまいます。あっさりとカメラの前でク女性のエクスタシーは男性とは違い、一度イッた後もなかなか身体が興奮前の状態には戻りません。調教師が電マを置いた後も、成美さんは。いやぁ、はぁん…と声を漏らし、身体を震わせ続けていました。奥さん、クリでは簡単にイッて、こんなにオマンコぐちょぐちょにするのに、本当にオマンコの中ではイケないの!?調教師はそう言いながら彼女の愛液を指ですくい取って嘲笑います。

お尻にそんなことを書いたのです

あ、は、はい…成美さんは荒い呼吸を整えながらも顔を上げ、調教師の言葉嬲りにマジメに返事をしました。私はその素振りを見て、あまりの可愛らしさに頬が緩むのを押さえ切れませんでした。調教師も私と同じことを思ったのかフッと笑みを浮かべて、プレイを続けます。じゃあ、成美さん。今日はどうしたらオマンコの中でイケるかじっくりやってみよう彼は電マのかわりに今度はストレートタイプのバイブレーターを手に取リました。ストレートタイプとはバイブの中でも特にクリトリスを刺激す。

 

クリトリスに遣われる指

るための突起。フリッパー。がついていないものを指します。形状が棒状で単純なのでオマンコに挿入する際に抵抗が少ないという利点があります。またクリに触れる部分がないため、膣内快楽を与えることにのみ特化する。ことが出来るのです。さまざまな太さのものが販売されていますが、調教師が手にしたのは直径四センチ程度のもっとも一般的なタイプでした。まずはこれを使ってみようか。足を閉じるなよ。

オマンコを被せてきた
調教師がバイブを成美さんの膣口に当てると、電マクリ絶頂でくつしょり濡れたオマンコはすんなりと淫具を飲み込みました。根元のスイッチを入れ、ウィー。と振動を始めたバイブをゆっくりと動かします。膣内のバイブが出し入れされるたび成美さんは目を閉じたまま、あっ…ううん。と小さく声を漏らします。しかし…彼女の反応はそれだけでした。確かに大きな喘ぎ声だけが快感の証ではありません。歯を食いしばって声を押し殺したまま、下腹部を激しく痙攣させてエクスタシーに達する女性もいます。

 

ふだんの瑠璃子が着けているのを見たこともない下着だっな下着だった

ごめんなさい!とうわずった声を出しました。私、一生懸命してもらっても中ではイケないんです…だから…申し訳なくて…成美さんは調教師の顔を見上げながらそう言いました。しかしながら、調教師は成美さんの必死の視線にもまったく動じませんでした。彼はバイブのスイッチを止め、そっとオマンコから抜き取りまし。成美さん、ここまではただのお遊びだよ。もしも成美さんのオマンコの粘膜が弱くてすぐに傷ついて痛くなるタイプだと困るからね。

処女にとって

挿入をやんわりと手で制して言うけれども成美さんはとても気持ち良さそうには見えないのです。私は彼女が言っていた。痛みはないけれども、何か入っているな…というだけで快感もない。という言葉を思い出しました。きっと彼女は最愛のご主人とのセックスの時もこんな風にただ目を閉じているのでしょう。調教師はバイブを動かしながら。どうだ、痛くはないだろう?と、成美さんに言葉をかけました。彼女は変わらず小さく。はい…。とこたえたかと思うと、間をおかずに突然。