Skip to content

たっ細いウエストから丸い尻にかけてのカーブ

Posted in レイプ, and 奴隷

セックスレスは

教員になる気がないのなら別ですが。体調の管理も仕事の内ですよ。わかりました。トイレにこもってオナニーしてるなんて正に。ですから、私も素直に頭を下げます。だけど町田先生の香水の匂いをかいでしまうと、又してもアソコがムズムズとざわめき始めたのがわかり、私は泣きたくなりました。きっとしつこいであろう先生の指導中にトイレを我慢出来る自信はとてもありません。仕方ないよね、体調が悪いんだからでは今から帰るまでは、何があってもその椅子に座ってるんだ。もっとたくさんエッチをしたいのですイケない事をしてるんじゃねえぞ。トイレでええつつまさか、バレてたの先生の言葉が汚くなりましたが、それより私がトイレで耽っていた行為を見通されていた事がショックでした。机を挟み身を乗り出してそこまで説教していた町田先生が席を立ち、ニヤニヤ笑いながらこちらへやって来ます。ハッキリ身の危険を感じた私は逃げようと思ったのですが。11ど、どういう事~足が動かないどんどん耐え難くなって来る甘美な疼きに悩まされていた下半身がまる。で麻痺したように全然力が入らず、どうしても椅子から腰を上げる事が出来ないのです。

セックスは

  • 痴漢されてあのままえ
  • そして歩くたびにコロコロとかわいらしい音を奏でる股間の鈴それはラビアにピアッシン
  • ペニスを突っ込まれ


目の前に美千子の尻がある


ペニスを向けます

先生が至近距離にやって来るに連れて、ますますきつくなる香水の匂いで頭がクラクラしましたが、決して嫌じゃないんです。むしろウットリ陶酔してしまいそうな心地良さを覚えるのですが、それが危険な麻薬のように私の力を奪っていく気がしました。ハハハ、何をジタバタしてるんだ。ヤバいと思って逃げようと思ったけど、体が動かない。どうだ、図星だろう?せ、先生!これは一体どういう事ですか。何簡単な事だ。忘れないようにもう一回暗示してやろうか?お前は今から帰るまで、何があってもその椅子に座っていなければならない。

男根を頬張る優子の表情がなんとも艶かしい

わかったな?千寿ちゃんよう、へへへ。誰か助けてえっ!うるせぇっつー!大声で助けを呼ぼうとしましたが、町田先生に頬を一発叩かれるともう駄目でした。幼い頃から。良い子。だと言われて、親や先生にきつく叱られた覚えすらない私は、生まれて初めて経験した暴力にすっかり怯えてしまい、抵抗する勇気もなくなってしまいます。易々と手で口を塞がれた私がメソメソと泣き始めると、先生は言います。今度大きな声を出したら、こんなもんじゃすまねえぞ。


処女の絽麻には

好きにしてエ オマンコを苛めてください

そして先生は私から離れてくれたのですが、椅子から立てないのは相変わらずで、恐怖で泣いてるばかりの私には最早暴漢と化した先生から逃れる術はありませんでした。何やら用意して戻って来た先生は私の両腕を背中にねじり上げて手錠を嵌め、口には濡れた手拭いを噛まされてグルグル巻きで縛られたのですが、それは物凄く強烈な匂いがしていました。町田先生の香水と同じ。ああ、嫌だ。生理的に嫌じゃないんですが、町田先生も言いました。どうだ、俺の言いなりになる。この魅力的な匂いが私を狂わせるのです。いい匂いだろう?それは俺の匂いだ。かいだ女はクセになって、町田先生は私の疑問を解き明かすように匂いの説明をしながら、手錠を掛けた私の体をさらに椅子に縛り付けていきました。


肉棒が愛液まみれで擦れ合う淫靡な音がしている

南米の原住民の間に昔から伝わる麻薬みてぇな薬草があってな…そんな突拍子もない話から始まった先生の説明は、にわかには信じ難いものでした。先生は人間に幻覚を見させるその薬草を手に入れて研究し女の人を辱めるための薬を作ったと言うのです。俺はいつも体中にその薬を付けている。昨日かいだ時は嫌だったのに、今日はいい匂いになってただろ?それはお前が中毒になり掛かってる証拠昨日と同じ匂いなの?そんなバカな。この匂いには強力な催淫効果がある。かいじまった女は、生娘だろうとババアだろうと盛りの付いたメスネコみてぇになっちまうって寸法よ。そして中毒になると、だんだん俺の言葉に逆らえなくなる。