Skip to content

お尻の穴にそれを入れなくてはなりません

Posted in 痴漢, and

股間の前部に突き出ており

良い子。ではない自分が浮かんでしまうのだ。そう言えば、あんなこともした。こんなこともした。私はよい子なんかじゃない。考えれば考えるほど、闇に、沈んでしまう。ひどく、寂しく、頼りない場所だ。何かにすがりつきたくなる。今は、闇に聞こえてくる。だけが、唯一の頼りなのだ。
おまえの処女膜を破って

自分のオッパイ揉んでるの見せて

射精の圧力に押されたように

調教を担当した友紀の後見人ということで付いて行ったその闇に響く声は、亜由美の快楽を聞こうとしていた。誰にも言えない恥ずかしい秘密を思い出させようとしていた。恥ずかしくて言えるはずもない、寂しすぎる。この声にすがるしかないのかといって、声から見放されたらねそれこそが、亜由美の落ちた。に潜む悪魔であることを、亜由美は気がつくはずもない。悪魔は、ひどく優しげな声で囁きかけてくる。

美乳をひしやげさせる

彼の股間に手を伸ばし
亜由美は、良い子だったんだね。頭を振った。そんなことはない。だって、恥ずかしい秘密は何もないんだろ?亜由美は良い子だものねぇ。頭を振る。亜由美だって、普通の人間だ。そんなわけはないのだ。そんなことない。だって、私は。いいんだよ。吐き出して。その方が楽になる。いいんだよ。
その手は背中からお尻の盛り上りへそしてその割目をなぞりながらおケツへ届き

股間にはもう巨根がぬくっと隆起している

そして真琴に四つん這いになってもらい俺は真琴に後ろから挿入した
ほら、楽になる。て良いんだよ。ほら、吐き出してしまいなさい。ああ、言えない、誰にも言えないの。恥ずかしくて。ああ、吐き出してって、んなこと…。誰にも言わなくだって…そ闇から囁いてくる声は、なぜか、亜由美をその気にさせている。誰にも言えない、もちろん、夫にも生涯言えるはずもない恥ずかしい、あれこれを吐き出したくなっている自分がいる。ああ、い、言えない。いいんだよぉ、誰にも言えないよね。

射精が訪れた

小指を伸ばしてクリトリスを弾いた
でも、ここで吐き出してしまえば楽になる、ここなら、誰にも知られなくてすむ。吐き出してしまいなさい。吐き出すと、とても気持ちが良くなるよ。あ、だ、あ、あ、わ、わたし亜由美の口が開き始めたのを見て、家元がニヤリと緒方を見る。亜由美は、部屋の中央に寝かされている。既に、一糸まとわぬ姿だった。長い手足が、スラリと伸びて、細い身体から突き上げる乳房は、小振りだが目立つ。
下着じゃないんですけど

言われるままに麗はおぞましい肉棒を呑みこみ

外は梅雨寒の気温だが、空調の効いた室内は、裸でちょうど良い。他の女たちの大部分は、男達の待つ部屋に向かっている。今日は、東京での。出張サービス。も兼ねているのだ。あぶれた女は、松本に連れられて既に帰途に着いている。家元が帰るまで、下働きの男達はこの女たちを自由にしていいことになっている。