Skip to content

バイブ付き貞操帯

Posted in クリトリス, and レイプ

セックスを頻繁にするようになってから身体が変わったと鮎子も感じている

恐らく夫は、地下牢にいるのだろう。入って良い場所ではない。から、密かに地下に行くわけには行かない。誰か、と言っても家元にはムリだから、松本か緒方に。と命令されるしかなかった。そのためには、自分に唯一残された。オンナ。を武器に使うしかないのだと悲しいほど分かっていた。いくら亜由美が催眠に支配されていても、本来の頭の良さは奪われない人間関係をうつす。
オーガズム以上に

オーガズムに追い上げられた姉の姿だった

オマンコ

クリトリス責めで湧きだした女蜜がこぷっとあふれ出るらと感じ取れないワケはなかった。最近、家元からの寵愛を独占してるのは緒方。だから、和花さん以外の女達は、みんな緒方さんのご機嫌を気にしてるわ。だから…。自分への寵愛をひけらかす緒方も、そして、それに怒りと嫉妬の炎を燃やす松本も、亜由美はしっかりと見抜いていたのだ。松本の前で、痴女にでも、淫婦にでもなって、徹底的に媚びれば、なんとかるかもしれない。恥じらいは棄てなきゃ。だが、仮に、牢に入ることを許されたとしても、鍵をすんなり持ち込めないだろう。

あなたは奴隷なのよもう教師でも患者でもないの

股間をはだけ
最初は、女性自身の奥に押し込むことを考えた。だが、松本なら、調べるという名の下に嬲ろうとするだろう。秘所まで探ってくるのも目に見えていた。だから、自らの肛門に押し込むしかなかった。今まで、あらゆる辱めを受けてきたが、松本肛門を嬲られた記憶はなかったからだ。尻に押し込めば、しかし、に、なんとか持ち込めるはず。
尻穴も見られて喜ぶ淫乱だった

若者はもう身動それを見せつけられることに耐える気力が失ぺ妹は二人の男にレイプされ

調教をしていた筋金入りってことだが
地下室をカメラが監視しているのは、亜由美だって知っている。カメラに隠れて鍵を。渡す方法が思いつけない。考えに考えて、ようやくたどり着いたのは、誇りを棄てる決心したことだとは言え、その数段の決心を必要とした。女を、ううん人としての尊厳なんてみんなあいつらに奪われたんだもの。今さら何よこのく考えついたのは、肛門の奥に隠したモノを。相手の口の中に渡すしかないということ。

乳首をとらえ

クリトリスがクチュっと舐め上げられるとヒクンと短い声が
どんなに監視したとしても見つからない唯一の方法だった。牧野が、舌で掘り出し、そのまま口に隠しておけば、松本がそばにいたとしても、見つかるはずがない。それしかないんだもの。亜由美の心は、やはりどこか壊れていたのだろう。こんな途方もない考えが浮かんだこと自体、あり得ないことだった。まして、それを実行に移してしまうことなど。
志穂の手がズボンの上から股間に触れた

ズボンを下着ごと剥き下ろされ

しかし、いざ、恥を捨てて、実行し始めた段階で、牧野の舌が鍵を掘り出すのは不可能だと悟ったのだ。ダメ、舌じゃ取りだしてくれないわ。でも、もう、こんなチャンスなんて二度とは…。亜由美は、痴女に、非情な復讐に燃える女に徹するしかなかったのだ。いことをしてしまうしか。ごめんなさい。ああ、わたし…。牧野に、とんでもなかくして、鍵を牧野に渡すため、途方もない羞恥と人間の尊厳を売り渡した。を牧野の。