Skip to content

セックスを見せ付けられながら

Posted in クリトリス, and レイプ

肛門に垂らしたところで

臀裂を割り裂いて肛門まで剥きだす
ぅぁああ彩子、イッちゃう!オモチャが、彩子の奥深く突き刺さった。ビクンビクンビクンビクン!彩子が、大きく痙攣した。ああそれでも、男は彩子からオモチャの肉棒を抜こうとはせず、彩子を貫いたままだった。いや、いやつーだめ、だめえー!!ズンズンズンズン。うわああ彩子は、またしても続けざまに達していた。
AVのセックスシーンにプロレスのような解説があればさらに盛り上がるに違いない

クリトリスの包皮を剥き上げて本体にネチネチと薬をなすり付けていると恐ろしく心地良

まだまだだ。男は言って、さらにバイブをこねている。いやぁ、いやぁ彩子は髪を振り乱し、腰を振り回している。イクー·イク彩子、またイクー!!ビクンビクンビクンビクン!ああそれから、彩子は休む間もなく達していた。開かれた股間にオモチャをしっかり咥え込み腰を突き上げて、快楽をさまよっていた。

 

堂島はアナルセックスをするつもりである

オモチャがライトの光に照らされ光っていた。男がようやくオモチャの肉棒を引き抜くと彩子の秘部から女の蜜が流れ落ちていった。男は満足したような表情を浮かべていた。鎖を移動して、彩子の身体を前方に傾けると、静かに部屋から出て行った。彩子の腰は、まだ大きな痙攣が続いており、顔は恍惚としており、2本の鎖が震えていた。それからどのくらい経っただろうか:暗闇の中では時間の感覚がつかめない。
尻穴も見られて喜ぶ淫乱だった

俺のチンポを舐めたら
突如私の右側の壁が反転し、脚の拘束を解かれた。美樹が現われた。両手は拘束されたままだった。そして、部屋の外が急に騷々しくなったと思うと、数人の黒人がドヤドヤと部屋に入り込んできた。みんな衣服は身につけておらず、股間のモノが存在を誇示するかのように、揺れ動いている。口々に、訳のわからない言葉を発していた。私には見向きもせず、それぞれに拘束された。

 

チンチン手でシコられてる…

チンポ。チンポ、ちょうだい。全身を揺すぶって、彩子が哀願している。ずぶぅぅぅひとりが彩子の腰を抱え、腰を押し込んだ。あっ男は腰を振り、彩子の肉壷奥深く突きまくる。いい、いいおまんこ、いい。さらに腰を振って、肉襞をえぐる。ああ、すごいチンポ、すごいぃぃぃ。じゃらじゃらと鎖が音を立てている。

二度目の射精を行った


ふたりの女を、見比べるように眺めていた。そのうちの半分ずつが、ふたりの美しい女のところに移動し、身体全体をまさぐりはじめた。いくつのも黒い手が、私の目の前にある彩子の汗にまみれたふくよかな身体を這い回っている。無防備な乳房を揉み込まれ、細い腰、ヒップ、伸びやかな両脚、女の秘部が蹂躙されていた。ああ彩子を繋いでいる2本の鎖が揺れている。うぅぅ男の指が肉襞に入り込んだようだった。
血して挿入に充分なだけ勃起していた